紫外線が肌にダメージを与える事は、皆さんもご存知ですね。

紫外線には2種類あり、

波長が長く肌の奥まで進む、しわやたるみの原因になるUV-A

エネルギーが強く肌表面に炎症を起こし、シミやソバカスの原因となるUV-B

日焼け止めに表示されているPAがUV-Aを防ぎ、
SPFはUV-Bの肌表面への影響を引き伸ばす指標となっています。

この日焼け止めですが、PAには+でSPFには数値で効果の強さがわかるようになっています。

紫外線を防具には、なるべく数値が高い日焼け止めを選びたいところですが、
気をつけなくてはならない事があります。

日焼け止めの成分として、酸化チタンや酸化亜鉛などの白色の無機粉体が使われている紫外線散乱剤と
有機化合物(t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、オキシベンゾン-3)が成分の
紫外線吸収剤があります。
この日焼け止め成分が、製品によって両方もしくは一方が使われています。

紫外線散乱は物理的に紫外線を跳ね返すので肌への刺激が少ない成分といえるでしょう。

紫外線吸収剤は肌の上で化学変化を起こしいったん吸収して紫外線を放出させるため、
肌に負担をかけることがあります。
最近、日焼け止めに表示されているノンケミカルというのは、
この紫外線吸収剤が入っていない製品を指しているのです。

紫外線を防ぎたいと思って使うでも日焼け止めで、肌トラブルを招いてしまう事もあります。
日焼け止め効果が高いほど、肌への負担も大きいと考えた方が良いでしょう。

おすすめは何種類かの日焼け止めを用途に合わせて使う事です。

私はアウトドア派なので、いつも紫外線との闘いです。

海に行く時の恰好がこれ。

umi かなり、あやしい(^_^;)

露出している部分はほんのわずかですが、全身に最強の日焼け止めを塗ります。
顔にはウォータープルーフのファンデーションを上塗りするので、
紫外線のみならず皮膚呼吸をかなり妨げていると思います。
普段ファンデーションをつけないので、
すごーく肌が重くなった気がします。

ここまでして海で遊びたいかと自分でも思うのですが…。

記事投稿者
Air Lift開発者 黒木 薫

Air Liftの紹介ページ
http://beautysea.co.jp/airlift/