エアリフトのキャッチコピーは

「空気の力でためない肌へ」

製品の特徴や独自性を短い言葉でうまく伝えるのに凄く頭を使います。

「お肌の芯を集中ケア」
「肌のすみずみまで浸透」
「潤い誘導成分を肌の奥深くまで届けます」

これ、有名化粧品で謳われている実際の宣伝文句。

化粧品のキャッチコピーを見ると、いつも感心させられます。

お肌の芯って?
肌のすみずみって?
肌の奥深くって?

IKKOさん風に言えば
ikko_
「どんだけ~!?」
って思うのですが

これ、すべて角質層のことを言っているのですね。
表面にある皮膚、すなわちあなたが実際手で触れる肌が角質層です。

皮膚の構造図↓↓↓
beautysea皮膚の構造

図で見ると角質層も存在感があるのですが、その厚さはなんと0.2mm!!
サランラップ2枚重ねた程度の厚さです。

基本的に化粧品の成分が浸透するのは角質層までなのです。
ナノ、ピコ、最近ではもっと小さいアスタキサンチンという分子も登場しましたが、
いずれにして成分が届くのは角質層までです。

ようするに

お肌の芯も肌のすみずみも、肌の奥深くも0,2mmまでのこと。

 

皆さんも化粧品の広告をよく読んでみて下さい。

お肌の芯、肌のすみずみ、肌の奥深く

の下に小さく※角質層までと書いてあるはずです。

そう、化粧水、乳液、美容液、クリーム、アイクリーム、
そして星の数ほどある化粧品。

すべては0,2mmのためにあるといっても過言ではないのです。

わずか0,2mmの角質層。

肌の美しさにどれだけ関係しているのでしょう。

続きは次回…。

記事投稿者
Air Lift開発者 黒木 薫

Air Liftの紹介ページ
http://beautysea.co.jp/airlift/