ーマッサージの目的その1ー

毛細血管のすみずみまで血液を流す。

皮膚細胞の一つ一つに栄養と酸素を運ぶ毛細血管。

身体中に網の目のように張り巡らされ、血管全体の99%を占める毛細血管。

この毛細血管ですが、細いがゆえに目詰まりを起こしやすいという弱点があります。

血液が通わない状態が続くと、毛細血管は先の方から枯れるように消えてしまいます。

ベルギーのリエージュ大学病院の報告によれば、毛細血管は加齢とともに減少し、

60代にはピーク時の40%が失われる

といわれています。

歳をとるとちょっとぶつけた位で痣になり、あれっと思うことがありますよね。

中でも毛細血管が失われやすいのが、

顔(頭部)、手、足、といった身体の末端部分

なんとなくピンときませんか?

マッサージをする際、

肌に強い力や圧力をかけ続けると、毛細血管は切れてしまいます。

皮下脂肪が厚い部分ならまだしも(それでもやらない方がまし)

脂肪と筋肉が少ない顔をごりごりもみもみして、良いことは一つもありません!
強い力で圧力や摩擦によるマッサージを続けると逆にたるみやトラブルの原因になります。

このようなマッサージは絶対やめましょう。

 

記事投稿者
Air Lift開発者 黒木 薫

Air Liftの紹介ページ
http://beautysea.co.jp/airlift/